玉井康之WEBサイト,トップページへ

WEB検索 サイト内検索
 TOP > 経歴
経  歴 | 業績一覧 | 著  書 | 論  文 | 講  演 | 学  会 | その他活動 | へき地教育 | 臨床教育学研究室 | 教職大学院紹介
玉井康之 プロフィール(教育基礎・教育学)
1. 現職
  北海道教育大学大学院高度教職実践専攻 教授

2. 現住所
  〒085-0814 北海道釧路市緑ヶ岡5丁目16-3 
  (高校卒業までは四国香川県。釧路教育大学赴任後に本籍を釧路に移した。)

3. 生年月日等
  昭和34年(1959年)4月11日生 牡羊座 血液型A型

4. 取得学位
  教育学博士、教育学修士、経済学修士

5. 学歴
  昭和54年4月 新潟大学法文学部入学
  昭和58年3月 新潟大学法文学部経済学科卒業
  昭和58年4月 岡山大学経済学部研究生入学
  昭和59年4月 岡山大学大学院経済学研究科修士課程入学
  昭和61年3月 岡山大学大学院経済学研究科修士課程修了
  昭和61年4月 北海道大学大学院教育学研究科修士課程入学
  昭和63年3月 北海道大学大学院教育学研究科修士課程修了
  昭和63年4月 北海道大学大学院教育学研究科博士課程入学
  平成2年3月 北海道大学大学院教育学研究科博士課程退学
  平成8年6月 教育学博士学位取得(北海道大学大学院)

6. 職歴
  平成2年4月 北海道教育大学釧路校助手採用
  平成4年10月 北海道教育大学釧路校講師昇任
  平成6年4月 北海道教育大学釧路校助教授昇任
  平成17年6月 北海道教育大学釧路校教授昇任
  平成20年4月 北海道教育大学大学院高度教職実践専攻教授に移籍

  その他客員教授等職歴
  平成8年2月〜平成8年12月 文部省在外研究員
            アラスカ大学 Visiting Associate Professor
  平成14年8月〜  福岡教育大学大学院非常勤講師
  平成22年4月?現在 放送大学大学院客員教授

7. 所属学会
  日本教育社会学会 昭和63年4月
  日本教育経営学会 平成4年11月
  日本教師教育学会 平成3年10月
  日本社会教育学会 昭和61年5月
  日本教育学会   平成2年5月
  日本教育政策学会 平成9年8月
  日本生活指導学会 平成3年9月
  アメリカ教育学会 平成9年8月
  日本農村生活学会 昭和62年4月
  北海道子ども学会 平成4年4月
  北海道教育学会  平成元年1月
  北海道社会学会  平成元年4月
  日本生活体験学習学会 平成12年
  日本学習社会学会  平成16年7月
  北海道特別支援学会 平成16年4月

8. 学術学会役員
  北海道教育学会理事    1996年1月〜現在
  日本教師教育学会理事  1999年9月〜現在
  日本教育経営学会理事  2003年6月〜2006年5月
  日本学習社会学会理事  2004年7月〜現在
  日本教育社会学会理事  2005年8月〜現在
  日本教育政策学会理事 2006年8月?現在

9. 大学内の主な委員会等の役職
  平成11年4月〜平成14年3月 釧路校将来計画委員会副委員長
  平成14年4月〜平成17年3月 学長特別補佐・釧路校副学長補佐
  平成18年8月〜平成19年7月 評議員
  平成20年4月〜平成22年3月 釧路校教育実習委員会副委員長
  平成22年4月〜平成23年3月 釧路校教育実習委員会委員長
  平成23年4月〜平成24年3月 釧路校教育実習委員会副委員長
  平成24年4月〜平成25年3月 釧路校教育実習委員会委員長

10. 主な社会的活動
  
日本教育大学協会モデルコアカリキュラム策定委員 2001年〜
  釧路市子どもプラン策定委員会座長 1998年〜2001年
  釧路市子どもプラン推進委員会座長 2001年〜
  釧路市学校のあり方検討委員会第二部会長 1999年〜2001年
  釧路市家庭・地域教育活性化委員 1996年〜
  釧根地域リカレント教育推進ネットワーク会議委員 1996年〜
  釧路地区保護司選考委員 2001年〜
  釧路市次世代育成支援検討委員会副座長 2004年〜
  北海道教育委員会学校評価の在り方検討委員会委員 2004年〜2005年

11. 力を入れていること 10箇条

 ・日本の最東端にある釧路校を特色あるものにして、全国から注目される大学にすること
 ・釧路校と地域の教育界との関係を緊密なものにすること。それによって、道東の教育活動の発展に寄与すること。
 ・道東を基盤にした地域教育活動を進め、道東地域の教育と子どもたちの発達を支援すること。
 ・教育フィールド研究や教育実習のような学生の実践的な教育活動の支援をすること。
  そして1年次から4年次までの学生の教育実習や教育実践活動がうまくいくように、学校現場と釧路校をつなぐこと。
 ・学校現場の教員や教育委員会職員の研修事業を積極的に進めること。またそれを通じて、子どもたちの学習意欲を高めること。
  (学校現場・教育委員会・管理職等の研修に呼ばれることは多い)
 ・社会活動としては、学校現場・地域教育界と一緒になって、学校・保護者の研修や意識の向上に少しでも役に立つように努力すること。ボランティア的な活動も多い。
 ・日本教育大学協会の委員をしているので、全国の教員養成大学のカリキュラム改善方向を指し示すこと。
 ・釧路校に根ざした著書を出すこと。研究著書・論文は全国の中でも多い方ですが、研究室にこもっているわけではなく、学校現場とのつながりは意識的に行っています。特に研究内容としては、学校づくり・学校改革および地域学校運営方法に関することです。
 ・卒業生と釧路校をつなぐこと。
 ・これらの活動を通じて、釧路校を発展させること。

12. 教員としてすきなこと
  学生と話をすること。学生と遊びに行ったり、ボーリングやカラオケに行ったりすることも楽しい。自分一人で遊びに行く暇はないが、学生となら、山などの自然のあるところに行くことも楽しい。
  上級生と飲みに行くこともある。
  (本当は大学運営の職務に追われることよりも、学生との時間をとりたい。)

13. 趣味
  あるとしたら、ドライブかなあ。北海道の海岸線はすべて通った。全国47都道府県は全部行った。
  仕事が趣味かとも言われている。


[研究として]

14. 専門分野
  子どもの生活教育・生徒指導・地域学校運営
  教師教育論、へき地教育、農村環境論、子どもの発達環境論、体験学習論
  青少年非行問題、生活指導、社会教育、総合的な学習論、アラスカ比較教育
  地域教育経営、学校開放論、学校評価論、学校改革論

15. 学位
  教育学博士、経済学修士、教育学修士

16. 学会理事
  日本教師教育学会理事、日本教育経営学会理事
  日本学習社会学会理事、日本教育社会学会理事

17. 研究著書・論文
  単著書・編著書10冊以上。共著書30冊以上。論文、多数。
  詳細は「業績一覧」のページを参照してください。


[社会的活動として]

18. 社会的活動
  日本教育大学協会モデルコアカリキュラム策定委員会副委員長 
  北海道教育委員会教員評価委員会委員・釧路地区教科書選定委員
  釧路市子どもプラン推進委員会座長・ 釧路市学校のあり方検討委員会部会長
  釧路市総合計画教育部会長・ 釧路保護司選考委員、 等


[学内の役割として]

19. 学内の役割
  現在、教職大学院(高度教職実践専攻)の兼任教員
  地域教育連携委員会およびボランティア関連の委員会の取りまとめ役を行い、教育委員会・学校と大学のパイプ役を担っている。
  またへき地校とのパイプ役を担っている。

20. 玉井への連絡
  会議・講義・出張等で不在が多いのですが、研究室に来てもらえればいつでもお話しできます。
  電話は、0154-44-3385か、090-4875-3870まで。メールは北海道教育大学釧路校 玉井康之へのコンタクトはこちらからどうぞまで。


玉井康之近影


韓国との
国際地域教育フォーラムにて



体育館での
グループワークショップ



釧路校オープンキャンパスにて


台湾の比較教育フォーラム
での講演にて



アラスカフェアバンクスにて


サンフランシスコ
ゴールデンゲートにて



ワシントンDC
リンカーン記念館にて



韓国公州大学にて


学校支援コーディネーター
養成講座にて

   TOP | このページの最初へ | お問い合わせ | サイトマップ

制作 釧路総合インターネット